ed治療薬シアリ

ed治療薬シアリス/優れた効果が期待できます

ed治療薬シアリス

米国イーライリリー社の発表によると、2013年上半期決算において、シアリスは、PDE(ホスホジエステラーゼ)5阻害薬のカテゴリーの中で、2連続四半期で世界最大の売上を維持したとの事です。

 

PDE5阻害薬としてのシアリスの全世界シェアは42%となり、世界一位を達成しました。

 

少し前までは、PDE5阻害薬(ED治療薬)と言えば、「バイアグラ」がダントツの知名度を誇っていました。

 

 

もちろん、最初に発売された「バイアグラ」は、それまでEDに対して有効な治療薬が無かった事もあり、爆発的に全世界に普及しました。

 

その後、作用時間の速さを謳った「レビトラ」も発売されました。

 

しかし、「バイアグラ」と「レビトラ」は持続時間が長くても10時間が限度でした。

 

そこに登場したのが、「シアリス」なんです。

 

20mg錠の持続時間は、なんと36時間にもなり、週末いっぱいこうかが持続する事から「ウイークエンドピル」の別名まで付いてしまいました。

 

気になる副作用についても、一番最後に発売されただけあって良く研究されており、重篤な副作用は報告されていません。

 

食事をした後に服用しても、効果にえいきょうが少ないとも言われていますが、やはり最も効果的な服用方法は空腹時に服用する事です。

 

「バイアグラ」や「レビトラ」のように、ベッドインの時間を気にしながら服用する事もなく、心の余裕を持てるのも「シアリス」のメリットです。

 

ジェネリック薬も発売されていますので、低価格でシアリスの効果を希望する方は、選択肢に含めるのも良いのではないでしょうか。

ed治療薬シアリスについて

ED治療薬シアリスの大きな特徴の一つは、なんと36時間も効果が持続することです。

 

「バイアグラ」が5時間程度と言うことを考えると、驚異的な長さですよね。

 

たとえば、夕食の前に飲んで、午後7時に効果が表れると、翌々日の朝8時近くまで効果が持続するということなんです。

 

 

ただし、ED治療薬シアリスの効果は、性的刺激があって勃起するので、36時間勃起しっぱなしと言うことではありません。

 

夜はもちろん、朝も昼も性的刺激があれば「臨戦態勢」になれるんですから、週末などパートナーと濃い時間をたっぷり過ごしたい時には最高ですね。

 

もう一つの大きな特徴は、食事の影響をほとんど受けない事でしょう。

 

「バイアグラ」は性行為の1時間前に服用するのですが、食事をしてから服用すると効果が出るまでに時間がかかってしまうのでパートナーとゆっくり食事をして雰囲気を高めてからベッドインするという「余裕」がありません。

 

いかにも、セックスだけが目的の、パートナーの感情を無視した味気ないものになってしまいます。

 

ED治療薬シアリスはその点、、空腹時、食前、食後、いつでも服用できるんです。

 

夕方シアリスを飲んでから、ゆっくり食事をしてお腹も心も満たされれば、あとは肉体の欲求を満たすだけです。

 

パートナーも、満ち足りた気持ちで、あなたを受け入れてくれることでしょう。

 

ED治療薬シアリスは、ED治療薬界の東の横綱「バイアグラ」に比べると、知名度はいまいちですが、「バイアグラ」より優れた特徴が沢山あるんです。

ed治療薬シアリス通販

通信販売の場合、いわゆる「正規品」を扱っている業者は「自己責任」で選ばなければなりません。

 

ここのサイトで紹介している業者であれば、安心して購入できますので、参考にしてみてください。

 

 

「ニセモノ」は有効成分が含まれていないどころか、劣悪で不衛生な場所で製造されている場合が多いので、身体への影響も心配されるところです。

 

通信販売で購入する際は、「正しい情報」と「正しい個人輸入代行業者」を選ぶ目を持ちましょう。

 

ED治療薬を最初に服用するときは、恥ずかしいかもしれませんが、医師の診察を受けてから処方してもらってください。

 

高血圧などの薬を服用している方は、シアリスを飲むことによって、致命的な副作用が出る危険性があるので、問診時に医師に告知したうえで服用することをお薦めします。

 

医師に処方してもらったED治療薬シアリスが効果を表して、継続的に使用したいと思った時には、通信販売で個人輸入業者から購入する方法があります。

 

人の目を気にする必要もなく、直接自宅に配達してもらえるメリットは大きい>と思います。

 

ただし、通信販売で取り扱っているED治療薬の6割は「ニセモノ」との調査結果もあります。

 

病院で処方してもらう薬と違い、通信販売は個人輸入業者が独自のルートで仕入れるため、業者によってばらつきが大きいんです。

 

一見しただけではわかりませんが、ED治療薬シアリスは現在5mg、10mg、20mgの3種類しかありませんが、50mgや100mgの明らかに偽物を、騙されて購入している方も多いのが現状です。

 

 

極端に安い価格で販売している業者も要注意です。

 

あくまでも個人輸入は「自己責任が原則」と言うことを肝に銘じておきましょう。

ed治療薬シアリス飲み方

ed治療薬シアリスは、飲み方で効き目がガクンと落ちてしまうので、注意が必要です。

 

その注意とは「完全な空腹時に飲む」ということです。

 

「食後2時間以上空ける」と覚えていて、それを実行していても、脂っこい食事をしたときなどはED治療薬の効き目は悪くなってしまいます。
ed治療薬シアリスを飲んだがあまり効かなかったという人の8割以上が、この間違いが原因なんです。

 

ed治療薬シアリスはちょっとお酒に似たところがあり、すきっ腹に飲むと、すぐに成分が血液に吸収されて効き目が早く強く出るんです。

 

反対に胃の中に食物があるときは、薬の成分だけ優先的に吸収というわけにはいかないんですね。

 

とくに脂っこい食事をした後は、胃壁や腸壁に油膜ができているので、薬の吸収は極端に悪くなります。

 

その場合は2時間どころか4〜5時間あいだを空けても、あるいは空腹感を感じるまで待っても、胃や腸の壁にできた脂肪のコーティングは解消しないことがあります。

 

お腹がすいた状態でセックスするのは嫌だなあ、という人は「完全な空腹時にED治療薬を飲んで30分間待ってから食事をする」というのがコツです。

 

30分あれば空っぽの胃から薬はほとんど吸収されて、成分の血中濃度は充分に高まっています。

 

その後ならもう成分は吸収済みなので、胃の壁に脂の膜ができても関係ないのです。

 

ed治療薬シアリスの成分を血中に吸収させることなのです。

 

ed治療薬シアリスの場合は作用が最長36時間期待できるため、必ず『食事する30分以上前に』服用して、成分を吸収しておきましょう。

 

ed治療薬シアリスはセックスとのタイミングを気にしないで飲めますが、やはり空腹時に飲んで成分を身体に吸収しておくの正しい飲みかたです。

国産バイアグラジェネリック

いよいよ国産のバイアグラジェネリックが、2014年から発売を開始しました。

 

国産バイアグラジェネリックの第一号は国内大手ジェネリックメーカー「東和薬品株式会社」から、OD錠(水なしで飲めるように薬独特の苦みが無く唾液の水分だけですぐに溶けるお薬)という剤形で、「レモン風味」「コーヒー風味」という2種類を発売しました。

 

東和薬品と言えば、テレビで黒柳徹子さんがジェネリックの宣伝をしているので、見た事がある人も沢山いると思いますが、さすが国産ジェネリック薬のトップメーカーだけあって、第一号に賭ける意気込みを感じますよね。

 

1錠1200円の価格で、「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」という商品名で2014年5月19日に発売を開始ししました。

 

 

参考までに、インターネット通販でインド製のバイアグラを購入すると100mg錠が1錠1970円ですから50mg錠に換算すると半分の985円になるので、国産ジェネリックは若干高めという事になりますね。

 

さらに、インド製のバイアグラジェネリック「カマグラゴールド」ですと、100mg錠が1錠744円ですから、50mg錠に換算すると372円になります。

 

単純な比較はできませんが、多少高くても「国産品」というブランドにこだわるのか、コストパフォーマンスに優れたインド製を選ぶのかなので、ユーザーの好みの問題になるんでしょうね。

 

東和薬品の「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」に続いて、2014年8月4日には「株式会社陽進堂」から、8月20日には「武田薬品株式会社」から発売され、2014年10月までに国内で6〜8種類のバイアグラジェネリックが登場しました。

 

ちなみに、発売開始日 2014年9月19日にキッセイ薬品工業株式会社から発売された「シルデナフィル錠 50mgVI・キッセイ」はOD錠ではありませんが、価格は1000円と「シルデナフィル OD 錠 50mgVI・トーワ」より、少し低価格になっています。

ジェネリック普及

政府は平成27年12月21日、平成28年度予算案の一般会計総額を96兆7200億円程度とする方針を固めました。
景気回復に伴う法人税収や所得税収の伸びにより、税収は57・6兆円と25年ぶりの高水準になるとの事です。

 

収支の足りない分は、新規国債発で補い、発行額は34・4兆円と4年連続で減り、8年ぶりの低水準になりますが相変わらずの借金体制は変わりません。

 

今回のように、税収だけでは足りない時に、資金調達のために国が発行する国債いわゆる「赤字国債」はおよそ149兆円まで膨らむと推計されているんです。

 

この赤字を解消するために政府が進めようとしているのが、「財政再建」です。

 

財政再建の内容は、社会保障費の抑制がメインなんです。

 

内訳を見てみますと、これまで伸びが大きかった年金は、平成27年4月から、マクロ経済スライドという財源の範囲内で給付を抑えていく仕組みが始まったため伸びは小さくなる予想です。

 

今後は1.5倍に費用が膨らむ医療費の抑制が中心に進められる予定なんです。

 

政府が考えている具体策の中で、ジェネリック薬品のさらなる普及があるんです。

 

現在日本でのジェネリックのシェアはおよそ55%で、80%以上シェアの欧米に比べるとかなり低い水準なんですね。

 

厚生労働省はこれを2018年度から2020年度の早い時期までに、欧米並みの80%以上の水準に引き上げるという目標を掲げています。

 

このことによっての医療費の削減効果は年間に1兆3000億円と試算されています。

 

ジェネリック薬は金額も低くなるため、患者負担の軽減にもなるんです。

 

厚生労働省は、ジェネリックの利用が広がれば医療費を確実に抑制できると考えているんです。